店舗の内装費用を抑える方法<前編>

今回コラムでご紹介するのは美容室や飲食店、店舗などを運営される方が最も気になる「お金」にまつわるお話です。

 

開業が決まれば、「どの箇所にどのくらいのコストをかけるか」、客単価と来客数を計算して、「どのくらいの期間で回収できるか」など考えることがたくさんあります。そこで今回は理想の美容室・飲食店を作り上げるため、知っておきたいコストダウンの方法をプロの目線でお伝えいたします。


内装業者の選び方でコストが変わる!

どこに頼んでも同じ、と思う方はまずいないと思いますが、業者選びは重要です。数業者にデザインの提案と合わせて相見積もりをとるのは当然ですが、どのタイプの業者に依頼するのかでコストは大きく変わってきます。

 

ここで質問ですが、内装業者には実は大きく分けて2種類あるのをご存知ですか?

 

設計デザイン  or 施工のみを行う業者と、全て一貫して行う業者

 

内装デザイン、設計施工と呼ばれる業者の中には  ①設計デザイン or 施工のみを請け負う業者と、②設計デザインから施工まで全て一貫して請け負う業者があります。前者の設計、デザインしか受けない業者は、施工は行わないので別の施工業者に工事依頼をしなければなりません。しかし実はこの方法はコスト面とスケジュール面にデメリットが多いのです。

 

まずデザインを専門としていることからデザイン料が高くなりがちです。そして施工業者には外注のような形で発注するため、施工の金額も高くなりがちです。スケジュールについては、デザイン案出し→決定→施工業者に別途発注、という流れになるため、実際に工事に取り掛かるまでの時間が長く、スケジュール的にも大幅なロスが生まれてしまうことが多々あります。

 

デザイン&施工を一貫して請け負う会社の場合の「メリット」とは

 

設計・施工まで一貫して受注する業者は全てを自前で完了させる為、スピード感がありスケジュールを短縮しやすく、更にデザイン料を込みでやってくれることから、コストが前者よりも大幅に下がります。

 

よくある間違い

 

よく色々なウェブサイトで「デザインにこだわる人はデザインと施工を分けた方が良い」などと書いてあるのを目にしますが、これは大きな間違いです。施工まで一括して受ける会社であっても、デザイン的にはデザイン専門の設計業者に引けをとらない提案をしてくれます。

 

ここで重要なのはこれは設計施工を一貫して行う業者なのか、それともデザインを専業で行う業者なのかの違いではありません。単純に設計・施工業者の「経験とセンスと提案力」の問題です。

 

連携プレーに強い「デザイン&施工を一貫して行う業者」

 

また、お店つくりというものは必ず工事の途中で変更がつきものです。工事の最中に変更しなければならない状況が必ず発生します。そんな時にすぐに対応してくれて、現場に落とし込んでくれるのも、設計だけではなく、工事を自前で受けている業者ならではの連携プレーです。

 

デザインとはコストとのバランスがとれていなければなりません。実際の施工の事も考えながらデザイン設計してくれる業者、変更に際してコストがかからず、直ぐに対応できる業者を選ぶことが、最終的なコストを抑える早道です。

 

デザイン(設計)業者と施工業者が別の場合は?

 

デザインを行う業者と、施工業者が別の場合は、再度デザインを行う業者に変更依頼を出して、それを施工業者に伝えなければなりません。

 

デザイン業者が、デザインを修正した際にどのくらいコストアップするのかという感覚もしっかり持っていればいいですが、それがない場合は予算をオーバーしてしまうリスクもあり、その場合は結果的に時間もコストもかかってしまいます。またデザインとコストの感覚があまり取れていない業者ですと、コストが膨れ上がることがあります。


最後に

コストダウンの第一歩は業者選びから。

 

デザインや施工だけを行う業者を選ぶのか、一貫して行ってくれる業者を選ぶのかはコストの観点からも非常に重要なことがお分かりいただけたでしょうか?なお、Largoはデザイン&施工を一貫して行っていますので、納期とコストを最適化するためのご提案ができます。お気に召す施工例などがありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。