集客で成功するためには店舗の外装デザインが重要!

店舗をオープンした後は、安定的な経営を維持していくことが多くの経営者の目標といえるでしょう。店舗の外装デザインを工夫するだけで、集客に成功した事例はたくさんあります。そこで今回は、外装デザインのポイントや注意点などを中心に解説していきます。

 

 

なぜ店舗デザインは重要なの?外観で伝えられるメッセージとは

店舗をオープンするときは、内装デザインにばかりこだわってしまいがちです。経営者の中には、「内装デザインにはそれなりにコストをかけるが、外装デザインにはコストをかけるのはもったいない」と考えている人も少なくありません。しかし、店舗の外観から顧客候補に伝えられるメッセージはたくさんあります。まず、業績を上げている店舗に関しては、外装デザインだけでどのような業態のお店なのかがひと目でわかります。言い換えると、「どんな商品を扱っているのか」または「どのようなサービスを提供しているのか」が外装デザインから伝わってこなければ、顧客は入店に至らず、店舗を利用することはないといっても良いでしょう。店舗の外観は、顧客が入店するかどうかを決定するときの重要な判断基準となっているのです。次に、外装デザインの工夫の仕方によっては、ターゲット層にお店のコンセプトを適切に伝えるのにも役立ちます。コンセプトと外装デザインがマッチしていると、顧客満足度も高くなるといった傾向もあります。これらの点を考慮し、店舗の外観が発信するメッセージの重要性について今一度考えてみると良いでしょう。

自分のお店のコンセプトとは?確認してみよう!

経営者の中には、「コンセプトの重要性」について、さまざまな所で見聞きしているという人もいるのではないでしょうか。店舗を経営するうえで、「自分のお店のコンセプト」を決定することは非常に重要です。例えば、店舗の業態やターゲット層、利用シーン、価格帯などをコンセプトとして明確化すると良いでしょう。ターゲット層や利用シーンについては細かく設定しておき、コンセプトに反映させます。そして、コンセプトに合った内外装デザインを作り上げていくことが成功への近道です。コンセプトが固まらず曖昧な状態のまま店舗の内外装工事を進めてしまうと、コンセプトと内外装に相違が生まれ、オープン後に集客が見込めない可能性があります。コンセプトは店舗の内外装デザインだけでなく、集客にまで直結する問題ですから、じっくりと時間をかけて考える必要があります。コンセプトで迷ったときは、他店も参考にしてみるのがおすすめです。普段から同業の店舗をチェックして、実際に利用してみて、顧客という立場からその店舗のコンセプトをイメージする習慣を身に付けておくといいでしょう。実際に自分の店舗の工事に入る前は、再度店舗のコンセプトを確認し、工事がスムーズに進むように配慮しましょう。

店舗のデザインのポイント

実際に店舗をデザインするときには、いくつかのポイントがあります。まず、店舗入口には、目に留まる看板を設置することをおすすめします。店舗が1階にある場合なら店舗がオープンしていることを比較的アピールしやすいですが、店舗が2階以上、もしくは地下にある場合は、アピールすること自体が難しいと考えられます。店舗がオープンしたばかりの頃は知名度が低いことが考えられますから、多くの顧客の目に留まるよう看板を設置して店舗があることをどんどんアピールしていきましょう。次に、入口で商品を紹介するのもおすすめです。商品の紹介に加えて、メニューなども置いてみても良いでしょう。自慢の商品が上手くアピールできれば、ターゲット層に効果的にうったえることができ、店舗の利用に繋げられる可能性があります。また、外から店内が見えるように工夫することも、店舗の利用を促すことができます。外から店内が賑わっている雰囲気や、こだわりの内装デザインなどを直接目にすることができれば、新規の顧客でも安心して入店することができます。外から店内の様子がまったく見えない店舗は、どんなに優れた商品やサービスを扱っていてもなかなか利用には至りません。店内の明るい雰囲気が見えると、繁盛店への成長も期待できるといえるでしょう。さらに、店舗のデザインだけではなく、外壁素材も重要なポイントです。外壁素材にはさまざまな種類のものがありますが、どの素材を選ぶかによって店舗のイメージが大きく変わってきます。コストの問題もありますから、外壁素材を選ぶときは予算とコンセプトのバランスを取りながら選んでいくと良いでしょう。

店舗デザインで注意する点

店舗の外装デザインをするときには、「お客様がどの方向からやって来るのか」という点にも着目してみましょう。顧客がやって来る方向が把握できていると、その方向に合わせて効果的な外装デザインを考えることができます。例えば、顧客の視線に合わせた所に看板や商品を置いたり、配色を考えたりするなど、さまざまな工夫の仕方が考えられます。顧客の動きがつかみにくいのであれば、何度か物件に足を運んでみて人の動きを確認してみることもおすすめです。次に、競合店のデザインとの違いが明確であるかどうかも注意しておきましょう。近隣に競合店がある場合は、デザインの傾向についてチェックしておくことが求められます。デザインが類似していると、顧客は「個性がない」と思ってしまいます。店舗の独自性やコンセプトを外装デザインによってアピールするためにも、競合店のデザインについても知っておきましょう。

つい入りたくなる店舗を目指して

顧客が「つい入りたくなる店舗」とはどのようなものかという点を突き詰めて考えていくと、外装デザインが優れているということは欠かせない条件であるといえます。コンセプトに沿った個性的で魅力あふれる外装デザインの実現ができると、集客で成功する可能性も十分に考えられます。外装デザインが魅力的であると人の目にもつきやすく、新規顧客の獲得にもつながるといったメリットもあります。繁盛店に成長させるためには、リピーターの獲得と共に、新規顧客の獲得は必須条件です。多くの人が「入ってみたい」と思えるようなデザインの店舗を目指していきましょう。

しかし、知識や技術がなければ、デザインについて検討すること自体が非常に難しいといえます。そのときには、店舗のリニューアルを専門事業としている会社への相談も検討してみてはいかがでしょうか。店舗リニューアルといえば、デザインの経験と知識が豊富なLargoへの依頼がおすすめです。コンセプトや物件が決まっている場合は、それをもとにデザインの展開を相談してみると良いでしょう。特に外装デザインで顧客の注目を集めたいと考えるなら、効果的なデザインを検討することが求められます。まずはお気軽にご相談ください。