居抜き物件で必ずチェックしたい「設備機器」の項目

内装費が安く抑えられることから、人気の居抜き物件。飲食店や美容室に限らず、その需要はオフィスや病院など多岐にわたっています。

ところが実際工事を着工してみて、「使いにくい」「思っていたデザインに出来ない」などの問題が生じて、やっぱりスケルトン物件にしておけば良かった、といったことが無いように、事前に正しい物件選びの方法を覚えておきましょう。今回は特に重要な設備機器について見てみます。

設備機器のチェック最も重要な項目

 

居抜き物件選びの中で、設備機器類のチェックは最も重要です。

最初は綺麗で問題無いように見えても、外目にはわからない箇所にガタが来ていて、トラブルになることがしばしばあります。

例えば換気扇が回らなくなったり、エアコンなど空調関係が故障したり、飲食店であればガスの容量が足りずに充分な火力が出ない時などです。

もし物件を借りる際に譲渡料を支払っている場合は、実際はスケルトン状態から新装した場合と比べても高くなる可能性もあり、充分なチェックが必要です。

ガス容量をチェック

 

飲食店を居抜き物件で借りる時、特に重要なのがガスです。

ガスは配管の太さ、配管の長さ、ビル全体のガス容量からそのテナントで使用出来るガス容量が導き出されます。

太い配管がきているからといってガス容量が足りない場合も多々あるので気を付けなければなりません。

この点に関しては、ビル全体の話しになってくる為、必ずガス業者を現地に呼び、計算してもらう必要があります。

※厨房機器を新たに導入する場合

厨房機器を新たに導入する場合は、そのテナントに対して供給されているガス容量に余りがあるかをガス業者に計算してもらいましょう。

また、厨房機器を入れ替えの場合も同様で、既存機器のガス容量と新規機器のガス容量を比較して確認する必要があります。

 

厨房のレイアウトをチェック

 

厨房レイアウトは効率的な調理作業が求められる飲食店にとって最も重要な箇所。

また変更が容易ではなく、変更しようとすると防水工事や配管の切り回しなど大掛かりな工事となるため、コストもかなりかかってきます。

よくあるのが、厨房を追加設置しようと思っても、配置スペースが足りず、配管も出来ないなどのトラブル。スケルトン仕様であればこういった増設関係を事前に加味した施工ができますが、居抜き物件の場合はそうもいきません。

排水&給水周りをチェック

 

また、排水の詰まりのチェックも重要なポイントの一つ。チェックの仕方はシンクに水を一杯に貯めてみて、一気に流すやり方です。その状態で問題無く排水されれば問題ありません。

また、給水のチェックも忘れてはいけない項目の一つです。こちらは蛇口の水を目一杯開けてみて、トイレの水も問題無く貯まるようであれば大丈夫です。

エアコンをチェック

 

 

エアコンの残置物は必ずチェックしておきたい項目です。故障が多いのに加えて、20年以上前のものは、フロンガスを排出するため健康上にも良くない上、電気コストも高額になってきます。真夏や真冬などエアコンが必須の時期にエアコンが効かなくなってしまった場合は営業停止の危険性もあります。

エアコンの交換は、内装・施工時に同時に頼むことでコストが抑えられ、改めて空調関係もチェックしてもらえるので変えるのであれば最初から変更しておくべき事項です。

換気と排煙設備をチェック

 

換気と排煙は全く異なるものなので注意してください。換気とは部屋の空気の入れ変えるための装置であり、換気扇が役割を果たしてくれます。

当然のことながら厨房の火力が大きくなればなるほど換気口及び換気扇も大きくなります。

一方で、排煙とは火災が発生した時の煙を外へ逃す装置で、殆どの場合は排煙窓と呼ばれる高い位置にある窓がその役割を担っています。

注意点としては、排煙窓は建物の用途や規模によっては不要なこともあるということ。これについては建築基準法で明記されている専門な分野であるため、内装工事業者に同行してもらい、チェックして貰うのが良いでしょう。

居抜き物件を決める場合は必ずプロに相談すること

以上のように設備関係だけでも多くの要チェック項目が存在しています。一つ見落とすだけでも営業できなくなる可能性がありますので、事前に内装業者と打ち合わせてチェックリストを作成するのがよいでしょう。

Largoでも居抜き物件は多く手がけておりますので是非お気軽にご相談ください。


内装デザインのlargoのバナー