内装に大活躍する化粧合板について知っておこう

前回は加工木材について記事を書きました。そこで今回は内装工事を行う上で非常に重宝する化粧合板というものをご紹介します。

化粧=表面仕上げのこと

化粧とは建築業界では仕上げのことを意味しております。よって化粧合板とは、「合板を仕上げ材として、そのまま使えるようにした材料」のことを指します。

 

 

こちらは表面をポリエステル樹脂で加工しています。皆さんが普段ご家庭などで使われている3段ラックなどでこのように表面に化粧をした合板を見かけませんか?

化粧合板のメリット

表面の傷などは最後に化粧をしてしまえば隠すことができること、また仕上げの工程が不要で品質も一定に保たれることから、内装はもちろん家具などに美観目的で多用されています。

こちらは木質ボードというのにふさわしく、、強度が無いのが欠点ですが、床などに使用しなければ充分に美容室の内装などでも活躍してくれます。

2種類の化粧合板

実は化粧合板には2種類あります。「木目プリント」や上記のような「ポリエステル樹脂」を貼り付けたものと、天然木を薄くスライスしたも「突板」と呼ばれるものを貼り付けたものです。

当然ながら本物の木を貼り付けた後者のほうが価格的にも高いですが、本物の天然木の表面を貼り付けているので風合いは抜群です。

実際に使い方を見てみましょう。

木目プリント、ポリエステル樹脂

 

 

天然木をスライスした突板

 

 

このように強度が必要ない壁などにポイントに使用すれば充分高級感が出せていますよね?

最後に

無垢材こそが一番良い!というわけではなく強度が必要なく、外観だけを気にするのであればこのような化粧合板でも全く問題なく素敵な店舗デザインは可能です。

そういった意味ではデザイナーや内装工事業者にコンセプト、内装のイメージ、そして内装工事にかけられる予算をしっかりと伝えて、先方から納得の行く提案をしてもらってください。