内装が重要!カフェデザインや内装業者選びで抑えておきたいポイントとは

オープンしたカフェを繁盛店へと成長させたいなら、内装デザインにもこだわりを持つ必要があります。居心地の良いカフェデザインで、集客アップを狙いましょう。この記事では、カフェデザインの種類や内装業者を選ぶポイントなどについてご紹介していきます。

 

 

カフェデザインで内装が重要な理由

カフェの経営者の中には、「美味しいコーヒーやフードをサービスしてさえいれば、自然と人は集まるだろう」と考える人もいるでしょう。しかし、カフェのメニューが美味しいというだけでは、なかなか集客アップは見込めません。そもそも、カフェをオープンして間もない頃は、知名度がないといった問題を抱えている店舗も多いのです。そういった場合は、まず「お客様にカフェがオープンしたことを知ってもらい、興味を持ってもらうこと。そして、来店してもらうこと」が大切です。お客様がカフェの存在を知った後も、実際に入店するかどうするかの決め手となるのは、内装デザインによるところが大きいといわれています。カフェの内装デザインを考えるときには、まずカフェを利用するシチュエーション考えてみましょう。仕事などの休憩時間にリフレッシュ目的で、また読書や作業などをするために利用している人が多く見られます。そのため、カフェは落ち着いたり、くつろいだりできる空間であることが大切です。いつも落ち着きがなく騒がしいカフェでは、リピーターの獲得は難しいといえるでしょう。「また利用したい」と思われるカフェを作りたいなら、内装デザインにもこだわりを持つことが求められます。

カフェデザインの種類と特徴

カフェデザインは多様化しているため、内装デザインを考えるときにはよく採用されているデザインの種類と特徴についても知っておきましょう。まず、「自然派系カフェ」では、店舗の内装に木や石などが多く使われていることがポイントです。床はフローリング、壁は石調のタイルなどに統一されている店舗が多く見られます。インテリアや食器なども、木製のものが多く使用されているのが特徴です。次に、「ミニマル系カフェ」では、ミニマルの意味である「最小限」の通り、とにかくシンプルにまとめることがポイントです。しかし、シンプルだからコストがかからないというわけではなく、店舗は白を基調としたり、ガラスの仕切りを使用したりとそれぞれのパーツにこだわりがあります。そのため、内装にかかる工事費用は若干高くなると考えておいた方が良いでしょう。「スケルトン系カフェ」は、壁や床などのコンクリート、配管などがむき出しであることから、見た目があまり美しくないといったデメリットがあります。このデメリットをカバーするために、例えば、天井や配管などを黒くペイントするなどの方法が行われています。カフェのターゲット層を幅広く設定しているなら、「ポップ系カフェ」がおすすめです。ポップ系カフェのデザインでは、内装に原色を使ったり、丸みを帯びたデザインを採用したりするなどして、多くの人が親しみやすいことを意識しています。内装工事費に幅があることも特徴のひとつといえるでしょう。「高級感のあるカフェ」では、重厚感のある濃い目の色をデザインの基調としています。壁面には、珪藻土や漆喰などを用いることによって高級感を演出しています。インテリアに関しても、それ相応のグレードの物を用意しなければチープな印象になってしまうため、注意が必要です。最後に、「隠れ家系カフェ」も人気のスタイルです。この種類のカフェでは、古民家や小屋などを改装して、路面店とは違った隠れ家の要素を引き出していくことがポイントです。内装デザインの特徴としては木を使っているものが多く見られますが、グレード感は高くないため、計画によってはコストを抑えることが可能といえるでしょう。

カフェデザインの内装で差別化を図るためのポイント

店舗として安定的な経営を維持していくためには、リピーターの獲得が欠かせません。それと同時に、新規顧客の店舗利用も促していくことが大切です。そのためには、内装デザインで競合店と差別化を図ることが重要になります。業者に依頼する前には、実際に競合店を利用し内装デザインを確認してみることをおすすめします。特に、カフェが密集しているエリアでの開業を考えている場合には、一店ずつ内装デザインを見てまわり調査すると新たな発見があるものです。競合店とは違った内装デザインで自店にしかない魅力を打ち出し、新規顧客とリピーターの獲得を目指しましょう。

内装業者を選ぶポイント

良い内装業者を選ぶためには、内装工事にかかる費用だけを判断基準とするのは得策ではありません。契約をする前に知っておきたいこととしては、設計と施工を異なる会社に依頼するのか、また設計・施工を同じ業者に依頼するのかでは提案されるデザインが全く変わってくるという点です。まず、設計と施工を異なる会社に依頼すると、デザイン的にはレベルの高い内装が期待できます。しかし、設計と施工の会社が分かれているためにデザイナーとの打ち合わせや業者の選定などに時間がかかることがデメリットとなります。工事を急ぎたい場合は、設計と施工の会社は分離しない方が良いといえるでしょう。一方設計・施工を同一の会社に依頼した場合は工期が短くて済むことに加えて、工事価格も抑えることができるのがメリットです。デメリットとしては、設計と施工を異なる会社に依頼したときよりもデザイン性は劣る可能性があります。そのため、デザイナーを抱えている内装工事業者に依頼すると得られるメリットが最も大きいでしょう。工事費用に関しては数社から見積もりを取ることをおすすめします。見積もりの比較を行うと、価格の比較ができることに加えて、デザイン案の比較をすることも可能になります。

自分だけのカフェを作ろう!

カフェを人気店に成長させるためには、自分だけのカフェをつくり上げることがポイントです。そのためには、まずたくさんのカフェの内装デザインを実際に見てまわって、「優れている点」や「見習いたいデザイン」などを肌で感じることが重要といえるでしょう。開業するカフェに個性を出そうとするあまり、全く新しい概念を無理に取り入れる必要はありません。そうはいっても、せっかくオープンするカフェですから、ある程度は独自性を主張したいと考える経営者が多いでしょう。内装デザインで悩んだら、確かな技術と経験が豊富なLargoへぜひご依頼ください。Largoは飲食店の内装デザインを数多く手掛けており、さらにデザインから施工までを同一会社で行っています。打ち合わせでは、コンセプトや要望、実現したいカフェのイメージなどを細かくお伝えください。その後、プロによるデザインの提案を基に納得がいくまでご検討可能です。さらに、Largoならコンセプト決めから施工までをスムーズ進めることもできます。Largoの洗練されたデザインで、心地の良い空間をつくり上げていきましょう。