コンセプトはどう決めるべき?店舗デザインの第一歩

店舗を経営するときは、コンセプトを決めることが欠かせません。店舗デザインを決定するためにも、明確はコンセプトが必要といえます。この記事では、店舗デザインにコンセプトが不可欠な理由や、コンセプトを決めるときのポイントなどについて解説します。

 

 

店舗デザインにコンセプトが不可欠な理由

店舗を経営するときには、準備期間が必要です。準備期間では、店舗経営にまつわるさまざまな知識を身に付けていきますが、知識を得る方法は人それぞれといえるでしょう。店舗経営に関することを知るためには、起業塾やビジネス本などで知識を身に付けていく方法が考えられます。この時、多くの人がコンセプトの重要性に気付きます。コンセプトとは、店舗全体に共通する概念を指しています。また、顧客に提供できる価値もあらわすものといえます。そのため、店舗の売り上げアップを目指し、成長店へと育てていくためには、コンセプトが不可欠です。

コンセプトが定まっていなかったり、明確でなかったりする店舗の場合は、安定した経営を維持することが難しいという問題があります。コンセプトが定まっていないということは、店の指標となるものがまったくない状態だかたです。さわにお客様にとってもわかりにくく利用しづらい店舗で、リピーターの獲得や新規顧客開拓にも至らないことが多いといえるでしょう。

コンセプトを決めるときのポイント

実際に店舗のコンセプトを決めるにあたっては、具体的にどのような点に注意すれば良いのでしょうか。まず、コンセプトには、商品やサービスの内容、セールスポイント(店舗の強みと言える事柄)を反映する必要があります。商品やサービスの内容が明確でないと、お客様が店舗に足を運ぶ可能性は低いといえます。購入できる商品、店舗を利用することで受けられるサービスの内容などがはっきりとしていると、お客様が入店を決めるきっかけにもつながります。

次に、コンセプトには価格帯を反映させましょう。例えば、誰もが利用できるようなリーズナブルな価格帯か、それとも高級志向なのかということでは、店舗を利用するお客様の層や利用目的などが異なります。コンセプトに価格帯が反映されていると、利用前にしっかりと検討することが可能になるというメリットもあります。

また、店舗を利用するターゲット層も、ある程度は絞っておいた方がいいでしょう。年齢、職業、性別、利用シーンなどターゲットを明確にし、合致した店舗運営を展開していくことが望まれるといえるでしょう。

コンセプト決めでは他店舗の調査もマスト

コンセプトを決めるにあたっては、他の店舗の調査も重要といえます。例えば、居酒屋が密集しているエリアでは、他の居酒屋との違いを前面に打ち出して顧客の獲得を目指していく必要があります。「他店と比較して優れている自店のサービス」や「メニューの独自性」など、どのようなことでも構いません。「自店の強み」を作り上げてお客様に知ってもらい、店舗の利用につなげていくことが大切です。

近隣に似たようなコンセプトの店舗がある場合には、事前に調査をしておきましょう。具体的には、近隣の気になる店舗まで実際に足を運んでみるのが良いでしょう。顧客としてサービスを受けたり、店舗の雰囲気などをチェックしたりするなどして、自店のコンセプト決めに役立てることがおすすめです。

コンセプトは店舗の方向性を決定づける

店舗経営を始める前には、さまざまな準備を行います。その中でも、コンセプト決めは最も重要な事柄であると言っても過言ではありません。それでは、コンセプトはいつまでに決定しておくのが好ましいのでしょうか。コンセプトは初期段階までに決定しておく、もしくはある程度は固めておくことがおすすめです。コンセプトを初期段階までに決定しておくと、デザイン決定だけでなく、その後の経営にもプラスに作用するといえます。

例えば、コンセプトが決定していると、自ずと店舗の内外装デザインも決定します。店舗デザインがコンセプトと大きくかけ離れているようでは、店舗の雰囲気を上手く作り上げることができなくなってしまいます。コンセプトと店舗デザインが乖離している店舗に関しては、リピーターの獲得、新規顧客の獲得などが望めません。また、オープンしたばかりの店舗に関しては知名度の低さという問題がありますから、外装デザインが魅力的でなければ入店に至らないということも懸念されます。

確固たるコンセプトがあると、オープンした後もコンセプトに沿った店舗経営を続けていけば良いといったメリットがあります。メニューを決めたり、企画を打ち出したりする時も、コンセプトに沿ったものを検討すれれば良いので、お客様にも従業員にも受け入れられやすいといえるでしょう。

店舗のコンセプトデザイン・リニューアルならLargoへ

そうは言っても、店舗デザインなどに重大な影響を与えるとされるコンセプトを、店舗経営の経験や知識がない人がたった一人で決めていくのは非常に困難であるといえるでしょう。「自分がやってみたい店舗」という理想はあっても、「外装デザインやインテリアデザインがよく分からない」「経営に関する適切な判断ができない」などということはよくあることです。そういった場合には、店舗デザイン・内装設計工事などを専門としている業者の利用も検討してみることがおすすめです。

店舗のコンセプトデザイン・リニューアルで迷ったら、ぜひLargoへご相談ください。Largoは店舗のコンセプトデザインの提案や、オフィス・飲食店・美容室などの工事や内装デザインの経験も豊富です。すでに物件が決まっている場合は、要望や予算に応じたご提案をさせていただきますので、店舗のオープンまでの準備をスムーズに進めていくことができます。「お店のイメージ」や「オーナーの特別な考えや思い」も店舗デザインに効果的に反映させていただきます。デザインに関する専門的な知識がない場合、自身で内装デザインやインテリアデザインを決定すること自体もとても困難です。感覚的にデザインを決めるのではなく、論理的にデザインをすることで集客も望めます。まずは、店舗デザインの第一歩となるコンセプトを決め、店舗の方向性を考えることからはじめていきましょう。Largoが店舗デザインのお手伝いをさせていただきます。