【開業の知識】安く美容室を開業するなら、オフィス仕様の物件を探せ

美容室の開業を希望しているオーナー様、物件選びの基準をどうしていますか?駅に近い、家賃が安い、居抜き物件を中心に探している、など様々な基準で美容室の物件をお探しかと思います。

特に居抜き物件については、内装工事費が大幅に抑えられるとの噂を聞いて、積極的に探している方も多いでしょう。

安く開業したい→居抜き物件を探すだけでいいの?

例えばこちらの写真も居抜き物件です。

 

 

床や天井、椅子といった素材も充分このまま使用できて、今にでも営業開始できそうで大変オトクな気もします。しかし居抜き物件には実は思わぬデメリットも潜んでいるのです。(※居抜き物件のメリット・デメリットについては最下部にリンクがあります)

今回の記事でお伝えしたいのは、居抜き物件ではなくても、安く美容室を開業できる物件があるということ。それがオフィス物件です。

オフィス物件のメリット

オフィス物件というと企業などがビジネスで使う殺風景な物件という印象があるかもしれませんが、実は美容室の開業に必要な多くのメリットを備えています。

 

1,流通数が多く、立地がよい場合が多い

 

 

世の中の物件の流通数のうち70%がいわゆる住宅用の物件、そして残り25%がオフィス物件、残り5%が(美容室など)特殊な商業用の物件です。5%のうち美容室の居抜き物件だけに限ると、0.1%にも満たない数でしょう。仮に0.1%あったとしてもオフィスのほうが250倍以上の需要があることになります。それだけ数が沢山あるということなのです。

また立地についても、美容室と同様、オフィスも立地を非常に重視しているため、駅近くなどの一等地に多く存在しています。

希望する駅の近くで、サロンの居抜き物件で、デザインが自分の感性に合うものとすると、かなり限定的なためほとんど物件が見つからない場合が多いですが、オフィス物件であればかなり選択肢が広がります。

2,ガス、電気、エアコンなど既存利用できるものがたくさんある

 

 

オフィス物件は実は美容室をやるのに必要なガス、給排水、電気設備などが整っていることが想像以上に多いのです。また既にオフィス仕様に現状回復されている物件が多い為、天井、壁、床も仕上がっており、エアコンも設置されている物件は多数あります。この点だけでもスケルトンから始める工事に比べて200万円以上の差が出てくるのです。

3、作りがシンプルで余計な設備がない

 

住宅用と違い、オフィス物件は大き目の1ROOMといった作りのものが多く、キッチンなど余計な設備がないため、美容室のビジネスに非常にマッチした作りになっています。

 

 

また壁などもシンプルな白のクロスの場合が多くクロス張替え不要であったり、床はタイルカーペットを剥がせば直でコンクリートのものもあり、トレンドのインダストリアルな雰囲気などであればそのまま使用することができます。

4,ライバルが少ない

 

居抜き物件は狙っている業者も多く、なかなか理想的な物件を見つけるのは難しいものです。それに対してオフィス物件は流動性が高く、流通量もある程度多いため、物件との出会いが多いのです。

最後に

居抜き物件だけを理想と考えずに、オフィス物件に目を向けてみること。これが理想の美容室を作り上げるこつかもしれませんね。是非幅広く探してみてください。

もちろん「これだ!」と見つけても直ぐに契約せず、一度ご相談ください!

Largoへのご相談はこちらから